Open Innovation Platform

ハッカー集団が欧米の送配電網を掌握か、ロシアとのつながりも

ロシアの首都モスクワのカスペルスキー本社で、機械コーディング記号のデザインが施されたガラス壁の後ろを歩く人(資料写真、2016年10月17日撮影)。(c)AFP/Kirill KUDRYAVTSEV

ロシアの首都モスクワのカスペルスキー本社で、機械コーディング記号のデザインが施されたガラス壁の後ろを歩く人(資料写真、2016年10月17日撮影)。(c)AFP/Kirill KUDRYAVTSEV

【AFP=時事】ロシアとのつながりが指摘されるハッカー集団が、欧米の送配電網の運用システムをハッキングしていたことが分かった。米セキュリティーソフト大手シマンテック(Symantec)が6日、明らかにした。遠隔操作で悪意のある停電が引き起こされるリスクが高まっているという。  

 シマンテック社によると、「ドラゴンフライ2.0(Dragonfly 2.0)」と呼ばれるハッカー集団は、米国やトルコ、スイスの多数の電力事業者の運用システムに侵入。意のままに妨害工作を行ったり、コントロールしたりする能力を持つまでになった可能性があるという。  

 ドラゴンフライ2.0はここ数年にわたり活動しているが、シマンテック社は特定の国との関係には言及していない。しかし複数のサイバーセキュリティー専門家や米政府によると、エナジェティック・ベア(Energetic Bear)の別名を持つドラゴンフライ2.0の源流はロシアにあり、同国政府とつながりがあるとされる。  

 ドラゴンフライ2.0は近年、欧米諸国のインフラを標的としていることで知られ、フィッシング詐欺などを通じてコンピューターシステムに侵入し、システムへの独自の裏口をつくろうとしてきた。  

 シマンテック社によると、ドラゴンフライ2.0はここ1年間、電力システムを特に集中して狙うようになり、今年上半期にはハッキングが急増しているという。【翻訳編集】 AFPBB News| 使用条件

Follow