Open Innovation Platform
FOLLOW US

脳波による感性分析&リアルタイム動画生成の VRコンテンツ「カレイドセラピー」をDG Lab×DSJで共同開発TGSで初公開

 DG Labと株式会社電通サイエンスジャム(デジタルガレージと電通の合弁会社)は、脳波による感性分析とリアルタイムの動画生成技術を組み合わせたVR コンテンツ「カレイドセラピー」(Kaleido Therapy)を開発し、2016年9月15日~9月18日に開催された「東京ゲームショウ2016」で初公開した。

 今回のカレイドセラピーは「DG Lab」のVR/AR分野における研究成果の第1弾である。

電通サイエンスジャムの代表取締役社長である細金正隆氏

<カレイドセラピー>

脳波からストレスをキャッチ、リアルタイム解析によるVRでリラックス

 「カレイドセラピー」は、感性フィードバック技術「マインドループテクノロジー」を活用したVRコンテンツ。

この脳波VRには慶應義塾大学 理工学部准教授の満倉靖恵氏が開発した脳波解析による感性定量化技術を用いており、体験者の脳波からストレス度を診断、そのストレス度に応じてVRゴーグルのディスプレイに表示する万華鏡の仮想映像と、ヘッドフォンから流れる音楽をリアルタイムに変化させることでリラックスさせる効果が期待できる。

万華鏡映像の作成に関しては日本における万華鏡作家の第一人者である山見浩司氏が監修した。

 

万華鏡の仮想映像イメージ

ストレス低減診断結果画面

 カレイドセラピーの試作機には、DGのグループ会社である投資・育成事業を手がける株式会社DGインキュベーションが出資している米Wearality社が開発したVRゴーグル向けレンズを搭載している。
 Wearality社はフレネルレンズと自由曲面レンズを組み合わせることで150度という広い視野角を実現しながら、価格を安価に抑えられる点が特徴だ。

 VRゴーグル部分は、浮き輪と同様のビニル製の中空構造を探る。コストを抑えると共に防水性を確保し、さらに折りたたむことで携帯性も確保することが目的だ。(※脳波測定装置に防水機能はない)
 スマートフォンを防水のものにすれば、防水VRゴーグルとしての活用の可能性も広がりそうだ。
 また、眼鏡をかけたまま利用できるのも特徴で、会場では眼鏡をつけながら利用できる点に驚く声も多かった。

<ビニール製防水 Air VRゴーグル>

<脳波LOVEチェッカー>

脳波は口程にものを言う!?脳の好みと心のシンクロを楽しむ!

また、3人の女性の映像を見ている被験者の脳波から興味度合いや好き度合いを類推し、3人のうち被験者の脳が最も好感を示した1人を自動的に選び出すVRコンテンツ「脳波LOVEチェッカー」も同時公開した。
目で見る好みと、脳が感じる好みの違いに驚きを感じる被験者が多く、順番待ちの列も長蛇になった。

「脳波LOVEチェッカー」は、脳波に応じてシナリオが分岐するVRのマルチシナリオ映像への可能性を示すコンテンツ。

脳波とVRという組み合わせは、東京ゲームショウにおいても異彩を放ちながら目を引くもので、研究として裏付けのある実際の数値を使いながらプロダクトに落とし込んでいる展示に驚いている方も多数いた。今後どのような形で一般に広がっていくのか要注目だ。

関連リンク

■万華鏡作家:山見浩司
http://www.littlebear.jp/top

■慶應義塾大学 理工学部准教授:満倉靖恵
http://mitsu.sd.keio.ac.jp/

■脳波VR特設ページ
https://www.dglab.com/ja/brain-wave-vr/

■電通サイエンスジャム
http://www.dentsusciencejam.com/

【技術協力に関するお問い合わせ】
株式会社 電通サイエンスジャム
TEL:03-6435-5316
E-MAIL:info@dentsusciencejam.com

【その他のお問い合わせ】
DG Lab
TEL:03-6367-1001
E-MAIL:info@dglab.com

編集部 Written by

現在、世界各地で起こっているイノベーションを発信し、現場の声をお届けします。