Open Innovation Platform
FOLLOW US

手荷物運びや通訳補助も 羽田空港でロボットの実証実験開始

都内の羽田空港で行われた記者会見で、ロボットと一緒に写真撮影に臨む空港職員たち(2017年12月12日撮影)。(c)AFP/Kazuhiro NOGI

都内の羽田空港で行われた記者会見で、ロボットと一緒に写真撮影に臨む空港職員たち(2017年12月12日撮影)。(c)AFP/Kazuhiro NOGI

【AFP=時事】都内にある羽田空港(Haneda Airport)で12日、手荷物の運搬支援から通訳補助まで、さまざまな業務に対応できる新たなロボット7体がお披露目された。  

 フワフワの毛で覆われた猫をイメージした外観のロボット「ロボコット(Robocot)」は、4か国語の同時通訳機能を備えており、利用客がマイクに話しかけると、すぐに翻訳結果を画面に表示する。 

 白くて小さな人型ロボット「cinnamon(シナモン)」は、人工知能(AI)システムを通じて利用客と会話し案内する。さらには、空港内で利用客にお供し、手荷物を運ぶことができるロボットも披露された。  

 日本空港ビルデング(Japan Airport Terminal)の倉富裕(Yutaka Kuratomi)さんは、2020年までにターミナルの至るところにロボットが配置され、利用客とロボットとのコミュニケーションが当たり前となっていることを期待しているという。  

 東京では2020年に五輪が開催されることになっており、急増する外国人訪日客への対応を進める羽田空港は、スタッフ不足の穴をロボットが埋めることを期待している。  

 羽田空港では1月9日から1か月間、これらのロボットの実証実験が行われることになっている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件