Open Innovation Platform
FOLLOW US

トヨタ、多目的自動運転EVを発表 物販やライドシェアも 

米ラスベガスで開かれた家電見本市CESで「イー・パレット」を発表するトヨタ自動車の豊田章男社長(2018年1月8日撮影)。(c)AFP PHOTO / MANDEL NGAN

米ラスベガスで開かれた家電見本市CESで「イー・パレット」を発表するトヨタ自動車の豊田章男社長(2018年1月8日撮影)。(c)AFP PHOTO / MANDEL NGAN

【AFP=時事】トヨタ自動車(Toyota Motor)は8日、米ネバダ州ラスベガス(Las Vegas)で開催中の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、自動運転技術を活用したモビリティーサービス専用電気自動車(EV)を発表した。Eコマースやライドシェア、医療サービスなど多目的に活用できるもので、自動運転の分野で他社に先行することを目指す。  

 トヨタの豊田章男(Akio Toyoda)社長が披露したのは、箱形のEV「イー・パレット(e-Palette)」。宅配サービスや物販だけでなく、ライドシェアなど多様な使い方ができる。  

 米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)、米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)、ファストフードチェーン大手ピザハット(Pizza Hut)、中国配車サービス大手の滴滴出行(Didi Chuxing)」と提携し、技術開発には競合するマツダ(Mazda)も参加している。2020年代前半のサービス実証を目指す。  

 トヨタはまた、2020年に開催される東京五輪・パラリンピックにこうした技術を搭載した車両を投入したいとの意向を示した。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件