Open Innovation Platform
FOLLOW US

スペースX、「ファルコンヘビー」ロケット打ち上げ 競合の2倍の積載量

米宇宙開発企業スペースXが初めて打ち上げたファルコンヘビーロケットで地球周回軌道に入った、宇宙服を着たマネキン人形が乗った同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が所有する赤いテスラ製オープンカー。スペースXが打ち上げ後に配信したライブストリーム動画から(2018年2月6日撮影)。(c)AFP PHOTO / SPACEX

米宇宙開発企業スペースXが初めて打ち上げたファルコンヘビーロケットで地球周回軌道に入った、宇宙服を着たマネキン人形が乗った同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が所有する赤いテスラ製オープンカー。スペースXが打ち上げ後に配信したライブストリーム動画から(2018年2月6日撮影)。(c)AFP PHOTO / SPACEX

【AFP=時事】米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は6日、同社が開発したロケット「ファルコンヘビー(Falcon Heavy)」を初めて試験的に打ち上げた。  

 ロケットは同社のイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)が所有する赤いテスラ(Tesla)製オープンカーと、宇宙服を着たマネキン人形(写真)を火星近くの軌道に送る予定。  

 打ち上げが行われたのは、米国による40年前の月探査ミッションの拠点ともなったフロリダ州ケープカナベラル(Cape Canaveral)にある米航空宇宙局(NASA)の発射場。巨大なファルコンヘビーが、搭載する27基のエンジンに点火し、ごう音を上げながら青空へと進むと、見守っていた人々から歓声が湧き起こった。  

 打ち上げから約2分後、ロケットの両側に付けられていた2つのブースターが切り離されて地上へと向かい、直立した状態で着陸した。ライブ中継の動画は、両ブースターが並んで一緒に発射台に着陸する様子を映し出した。  

 3つ目の中央ブースターは海上発射台に着陸する計画だが、その状況はまだ分かっていない。  

 スペースXは、ファルコンヘビーは「現在世界で利用できるロケットの中で、2倍の規模を持って最も強力なもの」だとしている。これはペイロード(有効搭載量)が競合する米ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)のデルタIVヘビー(Delta IV Heavy)ロケットの2倍であることを意味する。  

 1回の打ち上げ費用も大幅に安く、競合ロケットの3億5000万ドル(約380億円)に対しファルコンヘビーは約9000億円(約100億円)で済むという。  

 ファルコンヘビーはファルコン9(Falcon 9)ロケットを3機束ねたような構造になっており、27基のエンジンを搭載。全長は70メートルで64トン近くの重量の輸送が可能。これはボーイング737(Boeing 737)型機の最大離陸重量にほぼ匹敵する。  

 マスク氏が6日明らかにしたところによると、ファルコンヘビーは当初、月や火星に人間を送る可能性を取り戻そうとして設計されたが、計画は変更となり、現在は主に深宇宙への機器輸送に使うことが検討されている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件