Open Innovation Platform
FOLLOW US

顔認証技術で容疑者発見、中国の警察がスマートグラスを導入

中国・河南省鄭州市の鄭州東駅で、顔認証システムを備えたスマートグラスを装着した警察官(2018年2月5日撮影)。(c)AFP PHOTO

中国・河南省鄭州市の鄭州東駅で、顔認証システムを備えたスマートグラスを装着した警察官(2018年2月5日撮影)。(c)AFP PHOTO

【AFP=時事】中国の警察当局が、最先端の顔認証技術を用いて人混みなどで容疑者を発見できるハイテクのサングラスを導入している。  

 このスマートグラスを導入したのは、中国中部・河南省(Henan)鄭州市(Zhengzhou)の警察当局。帰省客で交通機関が1年で最も混雑する旧正月に合わせて導入した。現在は鄭州駅の入口で警備に就いている警官4人が装着している。  

 中国共産党の機関紙「人民日報(People’s Daily)」によると、これまでに人身売買やひき逃げなどの容疑者7人の身柄を確保した他、偽の身分証明書を保持していた26人を摘発した。  

 中国当局はデジタル技術を利用した監視システムの構築に力を入れており、このスマートグラスもその一環。そうした監視技術には、虹彩や指紋認証などさまざまな生体認証が使われている。こうした技術は急速に発展し、顔認証に関してはレストランやスポーツジムなどの商業施設や、公衆トイレなどにおいても需要がある。  

 このサングラスにはスマートフォンに似た装置に接続されたカメラが付いており、容疑者と思われる人物の顔を撮影すると、警察本部のデータベースと照合されるようになっている。データベースは容疑者の氏名や民族、性別、住所といった個人情報を提供する他、撮影された人物が逃亡中の身なのかどうか、さらには宿泊しているホテルやインターネットの使用に関する情報も提供する。  

 一方でこのプロジェクトに対しては、プライバシー侵害などを懸念する人権団体などから厳しい批判の声が上がっている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件