Open Innovation Platform
FOLLOW US

日本政府、ファーウェイ・ZTE製品を省庁から排除へ

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のロゴの前を携帯電話で話しながら通り過ぎる女性。中国・北京にて(2018年7月8日撮影、資料写真)。(c)WANG ZHAO / AFP

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のロゴの前を携帯電話で話しながら通り過ぎる女性。中国・北京にて(2018年7月8日撮影、資料写真)。(c)WANG ZHAO / AFP

【AFP=時事】日本政府はサイバーセキュリティー上の懸念に基づき、各府省庁などが使用する情報通信機器から中国の華為技術(ファーウェイ、Huawei)と中興通訊(ZTE)の製品を排除する方針を固めたと、複数の報道機関が7日に報じた。

 読売新聞(Yomiuri Shimbun)や時事通信(Jiji Press)によると、政府は10日にも調達に関する内規を改め、ファーウェイとZTE製品の使用を禁止する意向。

 また、読売新聞が匿名の政府筋の話として伝えたところによると、これに先立ち米国はサイバー攻撃に使用されるウイルスが仕込まれている懸念があるとして2社製品の利用自粛を同盟諸国に要請しており、さらに国内企業の製品でも2社の部品を使用していれば排除対象となるという。

 読売新聞は、政府は中国を刺激しないよう、2社を名指ししない方針だと報じている。

 菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官はこの報道についてコメントを差し控えたものの、サイバーセキュリティー問題について日本は米国と緊密に協力していくと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件