Open Innovation Platform
FOLLOW US

米国のクリスマス商戦、DNA検査キットが売れ行き好調

DNA検査サービスを提供するウェブサイトを見る男性。米首都ワシントンにて(2018年10月17日撮影)。(c)Eric BARADAT / AFP

DNA検査サービスを提供するウェブサイトを見る男性。米首都ワシントンにて(2018年10月17日撮影)。(c)Eric BARADAT / AFP

【AFP=時事】今年のクリスマス商戦、米国では10社以上の企業がDNA検査キットの販売促進に躍起になっている。今まで知らなかった親類の存在や意外なルーツに出くわした人たちの話を心温まる話として紹介するなど、マーケティングにも余念がないが、クリスマス当日に自分の父親が本当はそうではなかったと気付く人も出てくるかもしれない。

 DNA検査キットはインターネットなどで購入可能で、利用者は付属のプラスチック製の管に少量の唾液を入れ、企業に返送。1か月ほどで自分の祖先がどこの出身なのか、またどのくらいの割合で自身のDNAが特定の場所に由来しているのかといった検査結果をオンラインで閲覧できるようになる。

 国民の大部分が移民にルーツを持つこともあって、米国ではDNA検査の人気は高まっており、検査キットも記録的な売り上げとなっているという。

 家系調査サイトMyHeritageの広報担当者によると、昨年の年末商戦における同社の検査キットの売り上げは40万セットに上り、売上額は一昨年の6000万ドル(約67億円)から1億3300万ドル(約150億円)に増加したという。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件