Open Innovation Platform
FOLLOW US

SFの世界にまた一歩、ほぼリアルタイムの自動翻訳機 CES

米ネバダ州ラスベガスで開催中の世界最大級の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショーに出展された、オランダのスタートアップ、トラビス社の翻訳機「トラビス・タッチ」(2019年1月9日撮影)。(c) Robyn Beck / AFP

米ネバダ州ラスベガスで開催中の世界最大級の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショーに出展された、オランダのスタートアップ、トラビス社の翻訳機「トラビス・タッチ」(2019年1月9日撮影)。(c) Robyn Beck / AFP

【AFP=時事】これまで、SFの世界の中に限られていた自動翻訳機だが、人工知能(AI)やクラウドコンピューティングの進歩により、実用レベルに到達し始めている。最新の機器では、ほぼリアルタイムでの対応も可能になった。

 米ネバダ州ラスベガス(Las Vegas)で開催中の世界最大級の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(International Consumer Electronics Show、CES)」では今回、携帯タイプの専用端末やワイヤレスイヤホン型の多言語翻訳機が数多く展示されている。

 米ニューヨークで2014年に設立されたウェイブリーラボ(Waverly Lab)は、イヤホン型翻訳機「パイロット(Pilot)」を展示している。パイロットは15言語に対応しており、価格は180~250ドル(約1万9500~2万7000円)。

 パイロットを装着することで、異なる言語同士でも会話が可能になる。会場で行われたデモでは、フランス語を話すAFP記者と英語を話すウェイブリーラボの最高経営責任者(CEO)のアンドリュー・オチョア(Andrew Ochoa)氏が会話をしてみせた。翻訳は、オチョア氏のスマートフォンを通じてクラウド上で行われ、専用アプリで会話の文字起こしも可能だ。

 オチョア氏によると、翻訳はオンライン上のデータセンターで行われ、その翻訳結果がイヤホンに音声として送られる仕組みになっている。そのため、数秒のタイムラグが生じるのだという。

 多言語対応の同時翻訳機は、「スター・トレック(Star Trek)」のような世界にのみ存在するものだった。だが近年、モバイル端末、機械学習、ワイヤレス環境の能力とスピードの向上により、こうしたデバイスが現実のものとなり始めている。また、ニューラルネットワークの導入で、AIは初出の言葉も理解できるようになり、システムに辞書を丸ごと記憶させる必要も無くなった。

 オチョア氏は、昨年の販売から1年もたたないうちに約3万5000組のパイロットが売れたと話す。中には、顧客との会話で多岐にわたる言語での対応が求められるホテルなどのサービス業で取り入れているところもあるという。

■東京五輪をきっかけに

 日本からは、ソースネクスト(Sourcenext)が出展している。同社はスマートフォンを必要としない翻訳機「ポケトーク(Pocketalk)」を展示。同社は2020年東京五輪を機にこのデバイスが広がることを期待しているという。

 ソースネクストの広報担当者は、「2020年に東京五輪が開催されるが、多くの日本人は日本語しか話せないことに気付いた」と話し、「機械学習のおかげで、発音(の違い)など個人の言葉を理解する力が着実に増している」と続けた。

 ポケトークは、初期の携帯電話のような形をしており、74言語に対応している。価格は299ドル(約3万2000円)だ。

 CESではこの他、中国やオランダの企業なども同様の機器を展示している。オランダのスタートアップ、トラビス(Travis)の世界初とうたうAI搭載ポケットサイズの翻訳機は、これまで12万台が販売されたという。

 米グーグル(Google)は、2年前に発売したワイヤレスイヤホン「ピクセル(Pixel)」に搭載する無料翻訳ソフトウエアを提供している。また今回、アシスタントソフトウエアを介するかたちで、さまざまな新製品に翻訳機能を搭載していく予定であることを明らかにしている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件