Open Innovation Platform
FOLLOW US

海底ケーブル破損で携帯もネットも中断、島国トンガ「最悪の事態」 

浜辺に引き上げられた海底ケーブル(2017年6月13日撮影、資料写真)。(c)ANDER GILLENEA / AFP

浜辺に引き上げられた海底ケーブル(2017年6月13日撮影、資料写真)。(c)ANDER GILLENEA / AFP

【AFP=時事】南太平洋の島国トンガでは現在、海底ケーブルの破損によって、携帯電話やインターネットのほとんど全てのサービスが一時的に使用できなくなっている。

 インターネットのない生活を素晴らしいと思う人も多いかもしれないが、トンガでは日々の生活必需品の供給から経済の生命線である観光収入まで、外の世界とのつながりを維持するためにインターネットが欠かせない。当局がケーブルの修復に追われる中、トンガ全体がインターネットのない「最悪の事態」に直面している。

 現地オンラインニュース、マタンギ・トンガ(Matangi Tonga)のメアリー・フォヌア(Mary Fonua)編集主幹は23日、AFPに対し「ビジネスにしても行政にしても、わが国では全てがインターネットに大きく縛られている」と述べ、「海外在住のトンガ人たちはフェイスブック(Facebook)で連絡を取り合っている。企業は発注できないし、航空会社は旅客や貨物の予約申し込みを受けることができない」と訴えた。

 ケーブル会社、トンガ・ケーブル(Tonga Cable)によれば、修復が完了するまでは非常手段として地元で運営する小規模な衛星通信を使っている。回線容量が限られるため、重要性の低いサイトは遮断し、国家にとって重要な通信のために容量を確保するという。そのため、インターネット接続の8割を占めているフェイスブック、ユーチューブ(YouTube)などソーシャルメディアの接続はブロックされている。

 アクセス制限は海外に住む家族からの送金に頼る家族にとっても、深刻な問題を引き起こしている。フォヌアさんは「トンガは全くひどい状態だ。国家は危機に瀕している」と述べた。当局によれば、ケーブルの修復には2週間ほどを要する見込み。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件