Open Innovation Platform
FOLLOW US

中国国内で6億人がモバイル決済を利用する見通し 年初

中国2大モバイル決済サービス、アリペイとウィーチャットペイ(2016年3月27日撮影、資料写真)。(c)CNS/安東

中国2大モバイル決済サービス、アリペイとウィーチャットペイ(2016年3月27日撮影、資料写真)。(c)CNS/安東

【CNS】国際会計事務所デロイトトウシュトーマツ(Deloitte Touche Tohmatsu)がこのほど発表した報告書「テクノロジー、メディアと通信業界予測」によると、中国は年初の段階で6億人がモバイル決済を利用する見通しだとしている。

 中国は世界最大の固定・モバイルインターネットのユーザー群であり、17年末の国内のインターネット利用者数は7億7200万人、18年6月時点では8億200万人、そして19年の年初には8億2500万人以上になるとみている。また、17年末時点では、ほぼすべて(97.5%)の国民が、モバイルインターネットを利用していることが分かった。

 インターネット分野の発展に基づいて、近年は膨大なネットユーザーによって促進された3つの新興市場が盛んになった。モバイル決済、Eコマース、シェア自転車だ。

 デロイトのデータによると、16年末の中国モバイル決済の利用者数は4億7400万人、17年末には5億3100万人まで増えた。このことから今年の年初には、国内で約6億人のユーザーがモバイル決済を利用するとみられている。17年1~10月までのモバイル決済の取引額は81兆元(約1296兆円)に達したのに対し、米国では493億ドル(5兆3000億円)程度にとどまった。

 報告書によると、スマートフォンから定期的にネットショッピングを行う中国人は、19年には約5億5000万人まで増えると予測しており、中国は今まさに世界のEコマースユーザーの最も多い国家になろうとしている。【翻訳編集】 CNS/AFPBB News|使用条件