Open Innovation Platform
FOLLOW US

「殺し屋」細胞、インフルエンザ万能ワクチン開発に光

インフルエンザワクチンの入った注射器(2013年10月11日撮影、資料写真)。(c)DENIS CHARLET / AFP

インフルエンザワクチンの入った注射器(2013年10月11日撮影、資料写真)。(c)DENIS CHARLET / AFP

【AFP=時事】知られているすべてのインフルエンザウイルスに対抗できる免疫細胞を発見したとする研究結果が18日、発表された。致死性のインフルエンザに対する万能の単回接種ワクチンの開発につながる可能性のある「極めて画期的な成果」だという。

 インフルエンザのウイルス株が変異を続けるため、ワクチンは製法を定期的に更新する必要があり、限られた防御しか提供できないのが現状だ。

 オーストラリアの研究チームは今回、世界人口の過半数の人々の体内に存在する「キラーT細胞(免疫細胞)」が、一般的な種類のインフルエンザウイルスすべてに対し、有効に働くことを実験で証明したと主張している。

 この結果が意味するのは、毎年更新する必要のない包括的なインフルエンザワクチンを開発するために、このキラーT細胞を利用できるかもしれないことだ。さらに、この種の細胞を生まれつき持っていない人々においても、効果を発揮させることが可能になるかもしれない。

 豪メルボルン大学(University of Melbourne)ピーター・ドハーティ感染免疫研究所(Peter Doherty Institute for Infection and Immunity)の研究者、マリオス・コウツァコス(Marios Koutsakos)氏は「インフルエンザウイルスは人の免疫系から認識されるのを回避するために次々と変異し続け、非常に多様性に富んでいる。そのため、次のインフルエンザ流行を引き起こすウイルス株を予測して予防接種をすることがほぼ不可能になっている」と説明する。

 白血球の一種であるT細胞は、異物や感染部を探しながら体内を循環しており、体内に侵入してくる細菌やウイルスの大群に対抗する人の免疫力にとって極めて重要な役割を担っている。いわゆる「殺し屋(キラー)」T細胞は、他の感染した細胞を直接標的にして殺傷する能力を持つ点で特異な存在だ。

 コウツァコス氏と研究チームは、すべてのインフルエンザウイルス株に共通して見られるウイルスの部位を特定するために、質量分析法(質量に基づいて分子を分離する技術)を用いた。その結果、インフルエンザのA型、B型、C型の各変異株にキラーT細胞が有効に対抗できることがわかった。

 世界保健機関(WHO)によると、主に季節性のインフルエンザの流行で毎年数十万人が命を落としているという。高齢者、子ども、免疫不全患者などのほか、感染に対する免疫反応がこれまでに一度も構築されたことのない特定の民族集団にとって、特に危険性が高い。

 研究チームは、今回の発見に関する特許を取得。「世界中の汎発性および季節性のインフルエンザの影響を軽減するための」万能インフルエンザワクチンの開発が可能になることを期待していると述べている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件