Open Innovation Platform
FOLLOW US

フェイスブック、非公開・小規模サービスに移行へ CEOが計画表明

米カリフォルニア州での年次開発者会議「f8」で発言するフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO、2018年5月1日撮影、資料写真)。(c)JOSH EDELSON / AFP

米カリフォルニア州での年次開発者会議「f8」で発言するフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO、2018年5月1日撮影、資料写真)。(c)JOSH EDELSON / AFP

【AFP=時事】交流サイト(SNS)最大手、米フェイスブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)最高経営責任者(CEO)は6日、同社の変革に向けた広範な展望を示した際、フェイスブックは「デジタル版の町の広場」というこれまでの立場を離れ、安全で、非公開の、より小規模なメッセージ・サービスに対する需要の増加に応えていくと表明した。

 同CEOはフェイスブックの自身のページで、「今後のコミュニケーションは、非公開で暗号化されたサービスへとますます移行していくと考えている。安心して言葉を交わせ、メッセージや投稿に永遠に付きまとわれたりしないと確信できる場所だ」と説明。さらに「私は、まさにこういう未来の実現を、私たちの手で後押ししたいと思っている」とした。

 フェイスブックは利用者の個人データの扱いをめぐる暴露が続く中、プライバシーとデータ保護をめぐる危機を乗り切ることを目指しており、今回の発表は同社の新たな力点を示すもの。

 ザッカーバーグCEOは投稿で、フェイスブックは15年以上にわたり「デジタル版の町の広場」の構築を支えてきたが、大きな変化が訪れているとの見方を示した。

 同CEOは、現在の環境において「人々はデジタル版のリビングルームで、他人に見られずにつながりたいとの思いを強めている」と指摘。公開のソーシャルネットワークは「今後も人々の生活において非常に重要であり続ける」が、非公開のやりとりに対する需要が高まる中、「プライバシーを最優先事項とする、より簡潔なプラットフォームを構築する機会も存在する」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件