Open Innovation Platform
FOLLOW US

アップル、オリジナル動画配信に参入 スピルバーグ監督ら参加

米カリフォルニア州クパチーノのアップル本社で行われた「Apple TV+」発表イベントに登場した(左から)俳優のスティーヴ・カレルさん、リース・ウィザースプーンさん、ジェニファー・アニストンさん(2019年3月25日撮影)。(c)NOAH BERGER / AFP

米カリフォルニア州クパチーノのアップル本社で行われた「Apple TV+」発表イベントに登場した(左から)俳優のスティーヴ・カレルさん、リース・ウィザースプーンさん、ジェニファー・アニストンさん(2019年3月25日撮影)。(c)NOAH BERGER / AFP

【AFP=時事】米アップルは25日、著名映画監督や人気俳優が参加するオリジナル動画配信サービス「Apple TV+」を発表した。

 アップルはさらに、雑誌や新聞の定額購読サービス「Apple News+」や、モバイルを含む各種端末向けの定額ゲーム配信サービス「Apple Arcade」を発表。同社はスマートフォンの販売落ち込みの影響を打ち消すため、デジタルコンテンツとサービスに事業の軸足を移す取り組みを進めており、一連の新サービスはこの新戦略の一環。

 アップルは新サービスにより、ネットフリックス(Netflix)やグーグル(Google)、アマゾン・ドットコム(Amazon.com)などと複数の分野で競合することになる。Apple TV+の発表会には、映画監督のスティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)さんやテレビ司会者のオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)さん、女優のジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)さんとリース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)さん、俳優のスティーヴ・カレル(Steve Carell)さんが登場した。

 Apple TV+は広告なしのオンデマンド型定額サービスで、年内に100か国で提供が開始される。アップルは独自コンテンツに巨額の投資をするとともに、サードパーティーのサービス向けに「Apple TV」アプリをアップグレードする予定で、ネットフリックスや「Hulu(フールー)」といったサービスと競合することとなる。

 ティム・クック(Tim Cook)最高経営責任者(CEO)は発表会で、「われわれは創造の力を強く信じている」と語り、「素晴らしいストーリーは世界を変えられる。私たちは素晴らしいストーリーテリングが自分たちの文化、社会に重要なものを与えられると感じている」と説明。ただ、サービスの詳細に関する重要な情報は明らかにしなかった。

 定額ニュースサービス「Apple News+」は、月額9.99ドル(約1100円)で米紙のロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)やウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)、各種ニュースサイトや、ローリング・ストーン(Rolling Stone)、タイム(Time)、ワイアード(Wired)、ニューヨーカー(The New Yorker)など300以上の雑誌が購読可能となっている。米国とカナダで25日に提供が開始され、今年中に英国とオーストラリアでも提供を開始する予定。

 定額ゲーム配信サービス「Apple Arcade」は、年内に150か国で提供が開始され、立ち上げ当初には少なくとも100本のゲームが用意されるという。料金は後日発表の予定。

 アップルはさらに、米金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)と提携したクレジットカード事業の立ち上も発表。新カードはアップルペイ(Apple Pay)と統合され、米国の公共交通機関でのデジタル決済に対応する予定だ。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件