Open Innovation Platform
FOLLOW US

「若さ」を保つ鍵となるタンパク質を発見、東京医科歯科大の研究者ら

顕微鏡で標本を見る研究者(2014年7月24日撮影、資料写真)。(c)MEHDI FEDOUACH / AFP

顕微鏡で標本を見る研究者(2014年7月24日撮影、資料写真)。(c)MEHDI FEDOUACH / AFP


【AFP=時事】皮膚を「若々しく」保つ上で重要な細胞競合を促進するタンパク質があることが、最新の研究結果で明らかになった。東京医科歯科大学(Tokyo Medical and Dental University)の研究者らによる研究結果は3日、英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。

 このタンパク質「17型コラーゲン(COL17A1)」は、細胞組織の適応度を維持する重要な過程である細胞競合を促進する。細胞競合により、弱い細胞は「駆逐され」、強い細胞の複製が促される。

 COL17A1は加齢によって減少する。減少により、弱い細胞が自己複製し、皮膚が薄くなり、損傷を受けやすくなるとともに、再生も遅くなる。

 今回の研究は、人間の皮膚と同じ特徴を多く有しているマウスのしっぽを用いて行った。研究チームは、COL17A1の減少が起きた時点でCOL17A1を活性化することが可能か調べ、皮膚の抗加齢を促進させる化合物を探った

。 「Y27632」と「アポシニン」という2種類の化合物を単離し、皮膚細胞でテストしたところ、肯定的な結果が得られた。論文では「これらを皮膚全層の損傷に塗布したところ、損傷の再生が著しく促進された」と指摘している。二つの化合物は「皮膚の再生促進と老化抑制」につながることが期待されると論文は続けている。

 論文の査読はネイチャーに依頼され、米コロラド大学(University of Colorado)ガンナ・ビルソワ(Ganna Bilousova)教授とジェームズ・デグレゴリ(James DeGregori)教授が行った。両氏は、細胞競合に関する詳細な研究はこれまでハエでしか行われていなかったと指摘している。

 また、研究は「哺乳類の正常細胞が成体組織を効果的に再配置し、弱い細胞や損傷した細胞を取り換えることができるという証拠を提供している」と記している。さらに教授らは、二つの化合物が老化に対抗できることの「原理証明」が今回の研究で得られたとも指摘している。

「他の組織における細胞競合のメカニズムを解明し、他の臓器における若返りを可能にする化合物を特定するには、今後さらに研究を重ねる必要がある」と、教授らは述べている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件