Open Innovation Platform
FOLLOW US

アップルとクアルコム、特許権使用料めぐり「全訴訟取り下げ」で合意

アップル(上)とクアルコムのロゴ(2019年4月16日作成)。(c)GREG BAKER and Mandel NGAN / AFP

アップル(上)とクアルコムのロゴ(2019年4月16日作成)。(c)GREG BAKER and Mandel NGAN / AFP

【AFP=時事】スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を製造する米テクノロジー大手アップル(Apple)と米半導体大手クアルコム(Qualcomm)は16日、特許権使用料をめぐり世界各地で互いに起こしていた「すべての訴訟を取り下げる」ことで合意したと発表した。

 合意内容には、2年の契約更新オプションの付いた6年のライセンス契約と、アップルからクアルコムへの支払いが含まれる。

 両社は16日、米カリフォルニア州サンディエゴの連邦裁判所で冒頭陳述を行う予定だった。

 法廷闘争が続けば、クアルコム側はアップルへの数十億ドル(数千億円)規模の支払いを命じられる可能性もあったが、和解によってそうした高いリスクを伴う闘いは回避される。

 アップルはこれまで、クアルコムが市場における支配的な地位を乱用し、自社の半導体の価格や特許権使用料を不当に釣り上げていると訴えていた。

 一方、特許技術の使用料から膨大な収益を得ているクアルコムは、アップル側の主張を否定。さらにクアルコムは、アップルは自らの地位を乱用するとともに法廷を値下げの道具にしているとして、同社を訴えていた。

 和解成立が伝わると、米ニューヨーク株式市場ではクアルコムの株価が大幅に上昇。16日午後3時40分(日本時間17日午前4時40分)の時点で前日終値比21.1%の伸びを見せた。

 アップル株もわずかに上げたものの、上げ幅は市場全体と同程度の0.2%にとどまった。【翻訳編集】 AFPBB News  |使用条件