Open Innovation Platform
FOLLOW US

世界初、ドローンで空輸した腎臓を移植 米メリーランド大医療センター

移植用の腎臓を運んで米メリーランド州のメリーランド大学医療センター(UMMC)に到着したドローン。UMMC提供(2019年4月19日撮影)。(c)AFP PHOTO / University of Maryland Medical Center

移植用の腎臓を運んで米メリーランド州のメリーランド大学医療センター(UMMC)に到着したドローン。UMMC提供(2019年4月19日撮影)。(c)AFP PHOTO / University of Maryland Medical Center

【AFP=時事】米メリーランド大学医療センター(UMMC)は1日、移植用の腎臓を世界で初めてドローンで空輸したと発表した。従来の手段よりも速く安全に臓器を輸送できる技術革新として注目されている。

 臓器の状態を確認するモニターを搭載した特別仕様のドローンは、航空当局の飛行許可を得た上で、4月19日の現地時間午前1時に出発。3マイル(約5キロ)の道のりを高度120メートルで飛行し、10分ほどで目的地に到着した。

 輸送された腎臓の移植を受けたのはメリーランド州ボルティモア(Baltimore)在住の女性(44)で、8年間にわたり透析を続けていた。

 移植手術を担当した医師の一人は、プロジェクトの成功を歓迎。AFPの取材に対し、「次回(の臓器輸送)は30マイル(約50キロ)飛べるかもしれないし、100マイル(約160キロ)になるかもしれないが、距離はそれほど重要ではない」「最も重要なのは、ドローン技術を現行の移植・輸送システムに組み込めたという点だ」と語った。

 現在、臓器輸送にはチャーター機や民間機が利用されている。しかし、チャーター機は輸送費がかさみ、民間機は予定変更を余儀なくされることも多い。輸送にかかる費用は総じて約5000ドル(約56万円)と高く、到着が遅れることもしばしばだ。

 米臓器移植ネットワークUNOSによると、死亡したドナーから提供された移植用臓器の輸送事例のうち約1.5%は目的地に時間通り到着できず、2時間以上の予期せぬ遅れが生じた事例は4%近くに上っている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件