Open Innovation Platform
FOLLOW US

米代替肉メーカー「ビヨンド・ミート」が新規上場、初日株価は3倍近くに高騰

米ナスダック市場の取引開始を前に、演説するビヨンド・ミートのイーサン・ブラウン最高経営責任者(2019年5月2日撮影)。(c)Drew Angerer/Getty Images/AFP

米ナスダック市場の取引開始を前に、演説するビヨンド・ミートのイーサン・ブラウン最高経営責任者(2019年5月2日撮影)。(c)Drew Angerer/Getty Images/AFP

【AFP=時事】植物由来の肉代替品を製造する米国の食品メーカー「ビヨンド・ミート(Beyond Meat)」が2日、米ニューヨークのナスダック(NASDAQ)市場に新規上場した。25ドル(約2800円)に設定された新規株式公開(IPO)株価は、3倍近い65.75ドル(約7300円)に高騰して取引を終え、成長著しい植物由来食品市場に対する投資家たちの関心の高さが浮き彫りとなった。

 ビヨンド・ミートは、米俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さんや米マイクロソフト(Microsoft)の共同創業者ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏らが支援するカリフォルニアの新興企業。2009年の創業以来、植物由来の代替肉に注目する消費者が増加する中で顧客のニーズをつかんできた。ビヨンド・ミートの製品には、大豆などの豆類を原料としたステーキやソーセージ、ひき肉などがあり、見た目や味、匂いも本物の肉そっくりだという。肉の赤さはビーツで色付けしている。

 ビヨンド・ミーツの新規上場成功について、動物性食品の代替製品を推進する「グッド・フード・インスティテュート(Good Food Institute)」のブルース・フリードリッチ(Bruce Friedrich)所長はAFPに、投資家たちは「これがニッチ市場ではなく巨大な動きであり、大きな商機だと理解している」と述べ、植物由来食品に市場の主流としての魅力が十分にあることの証しだと語った。フリードリッチ氏によれば、「植物由来の代替肉産業は急速に発展しているが、まだ消費者の需要に追い付いていない」という。

 ビヨンド・ミートは、植物由来の食品でたんぱく質を摂取することは健康や気候変動、環境保護、動物福祉の問題提起につながるとしており、世界の食肉市場で総額14兆ドル(約1560兆円)の売り上げ達成を目指している。

 ビヨンド・ミート上場の1か月前には、シリコンバレー(Silicon Valley)を拠点にビヨンド・ミートと競合するインポッシブル・フーズ(Impossible Foods)が米ファストフード大手のバーガーキング(Burger King)と提携し、バーガーキングの看板商品「ワッパー」用に植物由来の代替肉を提供している。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件