Open Innovation Platform
FOLLOW US

米グーグル、ファーウェイとの関係縮小へ 「命令を順守」

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のロゴの前で携帯電話を操作する女性(2019年3月6日撮影)。(c)WANG ZHAO / AFP

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のロゴの前で携帯電話を操作する女性(2019年3月6日撮影)。(c)WANG ZHAO / AFP

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権による中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)への禁輸措置をめぐり、IT大手の米グーグル(Google)は19日、「命令を順守し、影響を見守っている」と表明し、ファーウェイとの関係を徐々に縮小していく意向を示した。

 ファーウェイは今後、グーグルの携帯端末用基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のオープンソース版しか利用できなくなる見通し。

 中国との貿易戦争の真っただ中にあるトランプ政権は先週、ファーウェイを念頭に、米国の安全保障を脅かすとされる外国企業と米企業間の通信関連の取引を禁止した。

 禁止事項には技術の共有も含まれており、関係筋によるとグーグルはハードウエア、ソフトウエア、非公開の技術サービスの提供を含めたファーウェイとの業務提携の中止を検討しているという。また、ファーウェイはグーグルのメールサービス「Gメール(Gmail)」といったアプリを搭載する権限もなくなるものとみられている。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件