Open Innovation Platform
FOLLOW US

資金洗浄容疑の仮想通貨ミキシングサービスを強制捜査・閉鎖、オランダ当局

ビットコインを視覚化した模型(2018年2月6日撮影、資料写真)。(c)JACK GUEZ / AFP

ビットコインを視覚化した模型(2018年2月6日撮影、資料写真)。(c)JACK GUEZ / AFP

【AFP=時事】オランダの捜査当局は22日、年間数億ユーロを売り上げていた世界最大級の仮想通貨ミキシングサービスを、マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いで検挙したと明らかにした。仮想通貨ミキシングとは、仮想通貨の匿名性を高めるサービスのこと。

 オランダ財務省の経済情報査察部(FIOD)によると、オランダとルクセンブルクでサーバー6台を押収し、仮想通貨ミキシングサービス「ベストミキサー(Bestmixer.io)」を閉鎖した。

 FIODによると、ベストミキサーはビットコイン(Bitcoin)とビットコインキャッシュ(Bitcoin cash)、ライトコイン(Litecoin)を扱う3大ミキシングサービスの一つ。1年前のサービス開始以降、少なくとも2億ドル(約220億円)を売り上げていた。

 ベストミキサーのような仮想通貨ミキシングサービスは手数料を取って仮想通貨の元の情報源の追跡を困難にするサービスを提供しており、仮想通貨の流れを隠そうとするダークウェブの犯罪者に利用されているという。

 今回の捜査は、米インターネット・セキュリティーソフト大手マカフィー(McAfee)からの報告を受けて開始された。

 FIODの報道官がAFPに述べたところによると、これまでに逮捕者は出ていない。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件