Open Innovation Platform
FOLLOW US

「アレクサ、頭が痛いの…」 音声認識で医療情報提供へ 英政府がアマゾンと提携

米アマゾン・ドットコムの人工知能(AI)アシスタント「アレクサ」を搭載したスマートスピーカー「エコー・プラス」(2018年9月20日撮影、資料写真)。(c)Grant HINDSLEY / AFP

米アマゾン・ドットコムの人工知能(AI)アシスタント「アレクサ」を搭載したスマートスピーカー「エコー・プラス」(2018年9月20日撮影、資料写真)。(c)Grant HINDSLEY / AFP

【AFP=時事】英政府は10日、米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)と提携し、同社の人工知能(AI)アシスタント「アレクサ(Alexa)」を通じて英国民保健サービス(NHS)の医療情報を提供すると発表した。世界初の試みだという。 「アレクサ、インフルエンザの症状を教えて」──英国民は間もなく、こんなふうにAIアシスタントに話し掛けるだけで欲しい情報を得られるようになる。

 長時間労働を強いられている医師たちや、インターネットでの誤った医療情報の拡散を懸念する医療専門家からは、サービス開始を歓迎する声が相次いでいる。

 一方、プライバシー面から、アマゾンがユーザーの医療データを収集してターゲティング広告に利用する可能性を危惧(きぐ)する声もある。

 アマゾンによると、同社は既に今週初めから、NHSのウェブサイトに掲載された医療情報を検索できるよう、アレクサを搭載したスマートスピーカー「エコー(Echo)」のアップデートを開始した。

 英保健省は、より信頼性の高い情報をNHSが提供することで、特に高齢者や目の不自由な人たちの助けになるサービスだと説明。来年中にはNHSのサイト上で情報提供している症状の半数が、アレクサ経由で調べられるようになるとの見通しを示している。

 プライバシー上の懸念については、英国民の医療記録へのアクセス権はアマゾンにないと保健省は強調。米グーグル(Google)など、他の音声アシスタントサービスを提供する企業各社にも、NHSとの提携を呼び掛けている。【翻訳編集】 AFPBB News |使用条件