Open Innovation Platform
FOLLOW US

アリババのAI運用、毎日1兆回 世界の10億人にサービス

杭州で開催された「雲栖大会」の様子(2019年9月25日撮影)。(c)CNS/王剛

杭州で開催された「雲栖大会」の様子(2019年9月25日撮影)。(c)CNS/王剛

【CNS】中国のIT大手・阿里巴巴(アリババ、Alibaba)は9月26日、中国・浙江省(Zhejiang)杭州市(Hangzhou)で開催された「杭州·雲栖大会(Hangzhou Apsara Conference)」で、人工知能(AI)の運用状況について初めて明らかにした。1日の運用件数は1兆回を超え、全世界の10億人にサービスを提供している。1日の画像処理件数は10億枚、動画は120万時間、音声は55万時間、自然言語は5000億フレーズに上る。

 アリババによると、同社のAIは内部利用と対外サービスの2種がある。内部利用は、ショッピングを助けるバーチャルロボット「阿里小蜜(AliMe)」の1日当たりのオンラインとホットラインユーザー延べ500万人、132か国、11種の言語に対応。音声対応可能なスマート助手「天猫精霊(Tmall Genie)」は販売2000万台を記録。自動運転の領域では、単なる自動車の制御から、自動車対道路、自動車対自動車の知能化協同システム(IVICS)へと進化しつつある。

 AIの対外サービスは、最も早く実現した産業用AIで、アリババは2015年にインターネット技術と伝統産業を融合し、提携パートナーと共同で推進してきた。「ET都市大脳(ET City Brain)」を代表とする産業AIは産業のすべてのシーンで広く応用され、現在、杭州、海口(Haikou)、北京など23都市で導入済みだ。

 このほか、アリババは初めてAIチップ、AIクラウドサービス、AIアルゴリズムなどを含むAIの全体像を明らかにした。今回の大会ではアリババ集団のCPUメーカーである「平頭哥半導体(T-Head Semiconductor)」がAI用チップ「含光800」を発表した。「含光800」1個の演算能力は10個のGPUに相当する。現在すでにアリババの多くのシーンで使われており、例えば画像検索アプリ「拍立淘(Pailitao)」の検索時間は以前1時間かかったものが5分へ短縮できている。

 AIプラットフォームの面では「飛天(Feitian)AI」「飛天ビッグデータ」「AIoT」など、大幅にAI開発を簡易化した。その中で「飛天AI」プラットフォームは、クラウドの商業化機器の学習用プラットフォームとして、100億の特徴と1000億種のトレーニングサンプルをサポートする超大規模アルゴリズムだ。トレーニングコストを35%低減でき、多くのシーンで速度を400%向上可能だ。このほか、パブリック・クラウドでビジュアル・モデリングを初めて作り上げ、開発者に対しローカライズに近い体験を提供している。【翻訳編集】 CNS/AFPBB News|使用条件