Open Innovation Platform
FOLLOW US

アマゾン、アップル、グーグルがスマート機器の共通規格策定へ

米アマゾンのデジタルアシスタント「アレクサ」を搭載したスマート機器「エコースポット」(2019年1月11日撮影)。(c)Robert LEVER / AFP

米アマゾンのデジタルアシスタント「アレクサ」を搭載したスマート機器「エコースポット」(2019年1月11日撮影)。(c)Robert LEVER / AFP


【AFP=時事】米国のアマゾン(Amazon)、アップル(Apple)、グーグル(Google)は18日、スマートホーム機器の共通技術規格を策定する計画を発表した。より多くのコネクテッドデバイス(インターネット接続された機器)の間で情報をやりとりできるようにする狙い。

 3社は、アマゾンのアレクサ(Alexa)、グーグルのGoogleアシスタント、アップルのシリ(Siri)のようなデジタルアシスタント機能が稼働する機器に対し、さまざまな規格を統合することを目指している。

 調査会社IDCによると、端末数で見た世界のスマートホーム機器市場の規模は今年、前年比23%増の8億1500万台に達し、これが2023年までに13億9000万台に増加する見通し。

 スマートホーム機器の開発に取り組む企業は現在、さまざまな規格の間で選択を迫られている。この計画により、スマート冷蔵庫から音声操作式の電球に至るまで、幅広い製品の開発を促し、スマート機器の増加を後押しすることができる。

 計画には、韓国の電機大手サムスン電子(Samsung)などによるジグビーアライアンス(Zigbee Alliance)も参加。発表は4者による新たなワーキンググループを通じて行われた。

 ジグビーアライアンスは、サムスンなどの製造企業のほか、スウェーデンの家具大手イケア(Ikea)などの小売企業、オランダのNXPセミコンダクターズ(NXP Semiconductors)などのテクノロジー企業が参加し、コネクテッドデバイス向けの共通無線規格の策定に取り組んできた。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件