Open Innovation Platform
FOLLOW US

ファーウェイと万達が戦略提携、商業施設に5G技術を全面導入

中国・深センで5G産業戦略協定に署名したファーウェイと万達集団(2020年1月22日撮影)。(c)CNS

中国・深センで5G産業戦略協定に署名したファーウェイと万達集団(2020年1月22日撮影)。(c)CNS

【CNS】中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ、Huawei)と商業不動産大手の万達集団(Wanda Group)は1月22日、深セン市(Shenzhen)で「第5世代移動通信システム(5G)産業戦略協定」に署名した。ファーウェイが開発した商業施設向け5Gネットワークを万達のショッピングモール「万達プラザ」に全面導入し、革新的な情報システムの共同構築と5Gビジネスモデルの促進を目指す。

 計画では、中国の主要都市にある5か所の万達プラザで5Gネットワークを年内に導入。ショッピングモールのデータ収集・処理、各店舗のデジタルサービス機能の強化、顧客のショッピングやエンターテインメントの利便性を向上させる。技術の応用を重ね、2022年までには400か所の万達プラザに5Gネットワークを導入する。

 万達集団の最高情報責任者(CIO)の朱戦備(Zhu Zhanbei)氏は「万達プラザは2013年からインターネットとIoT(モノのインターネット)技術を利用し、スマートパーキング、拡張現実(AR)システム、スマート消防など、着実に多くの新技術を取り入れてきた。5G技術により今後、さらに新しい消費シーンが生まれるだろう」と抱負を語った。

 ファーウェイの張文林(Zhang Wenlin)戦略部長は「加速的に進化している5G技術は、商業施設のインフラになりつつある。両社の戦略協定を通じて優れた5Gアプリケーションを育み、すべてがつながるスマートな産業システムを構築していきたい」と述べた。

 ユビキタス(いつでもどこでもアクセスできる情報環境)な5Gネットワークは、スマートビジネスを実現する情報基盤となる。従来のWi-Fiや4Gネットワークに比べ、はるかに高精度の動画中継やビッグデータサービス、双方向エンターテインメントを可能にすることが期待されている。【翻訳編集】 CNS/AFPBB New|使用条件