Open Innovation Platform
FOLLOW US

世界最大級の通信・IT見本市が中止に、新型ウイルス懸念から スペイン

スペイン・バルセロナの、世界最大規模の携帯通信関連展示会「モバイル・ワールド・コングレス」会場で、ガラスを拭く作業員(2020年2月12日撮影)。(c)LLUIS GENE / AFP

スペイン・バルセロナの、世界最大規模の携帯通信関連展示会「モバイル・ワールド・コングレス」会場で、ガラスを拭く作業員(2020年2月12日撮影)。(c)LLUIS GENE / AFP

【AFP=時事】通信・IT業界の世界最大級の見本市として知られる「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」の主催者は12日、新型コロナウイルスに対する懸念から同見本市の開催を中止すると表明した。これに先立ち、業界大手各社が相次いで参加見送りを表明していた。

 2月24~27日にスペインのバルセロナ(Barcelona)で開催予定だった同見本市は、新型ウイルスの流行により中止となった世界のイベントの中でも最大級。  モバイル通信事業者の国際業界団体「GSMアソシエーション(GSMA)」は、「新型コロナウイルスの流行に関する世界的な懸念と旅行上の懸念、諸般の事情により開催不可能となったため、GSMAはMWCバルセロナ2020の開催を中止する」と発表した。

 また、この決定は「バルセロナと開催国スペインにおける安全で健康的な環境に対する配慮」したもので、バルセロナ側も中止に理解を示したという。

 これに先立ち、インテル(Intel)やフェイスブック(Facebook)、シスコシステムズ(Cisco Systems)、そして中国のヴィーヴォ(Vivo)が参加見送りを表明。GSMAの協議が開催される数時間前には、ボーダフォン(Vodafone)やノキア(Nokia)、ドイツテレコム(Deutsche Telekom)、英通信大手BTグループ(BT Group)、そして楽天(Rakuten)も不参加を表明していた。

 関係筋によると、中止となれば約1億ユーロ(約120億円)のキャンセル料が請求されるが、公衆衛生緊急事態が宣言されれば保険でカバーされる。しかし、現地当局が宣言に難色を示しため、主催者側は開催の可否について慎重に判断していた。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件