Open Innovation Platform
FOLLOW US

「Zoom」使ってスタジアム内で応援 サッカーデンマーク1部

デンマークの国旗を掲げるファン(2010年6月24日撮影、資料写真)。(c)GABRIEL BOUYS / AFP

デンマークの国旗を掲げるファン(2010年6月24日撮影、資料写真)。(c)GABRIEL BOUYS / AFP

【本文】
【AFP=時事】サッカーデンマーク1部リーグのオーフスGF(Aarhus Gymnastik Forening)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によって中断されている今シーズンが今月末に再開された際、ファンがスタジアム内から応援できるよう、バーチャルチケットを提供するという斬新な手段を考案した。

 人気のビデオ会議サービス「ズーム(Zoom)」と手を組んだオーフスは、複数の通話グループを設定。ピッチを囲むように設置された巨大スクリーンにファンの姿が表示され、サポーターは予約時に選択したスタンドから試合の様子を追うことができる。チケットは無料となっている。

 オーフスの広報担当者は11日、AFPに対し「金曜日から4000人以上がチケットを予約している」と明かし、「われわれはサポーターを巻き込み、コミュニティーの経験を提供したい」と語った。

 3月上旬から中断されているリーグ戦で3位につけているオーフスは、5月28日に予定されている再開後最初の試合でランダースFC(Randers FC)と対戦する。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件¥