Open Innovation Platform
FOLLOW US

スペースX有人飛行、悪天候で延期に

宇宙開発企業スペースXの宇宙船「クルードラゴン」。米フロリダ州ケネディ宇宙センターで。NASA TV提供(2020年5月27日提供)。(c)AFP PHOTO / NASA TV

宇宙開発企業スペースXの宇宙船「クルードラゴン」。米フロリダ州ケネディ宇宙センターで。NASA TV提供(2020年5月27日提供)。(c)AFP PHOTO / NASA TV

【AFP=時事】(更新、写真追加)米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は、27日に予定していた有人宇宙船「クルードラゴン(Crew Dragon)」の打ち上げを、悪天候を理由に延期した。次回打ち上げが可能になるのは30日。

打ち上げ延期となり、操縦席から離れる準備をすすめる操縦士(NASA TVより)
打ち上げ延期となり、操縦席から離れる準備をすすめる操縦士(NASA TVより)

 米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士、ロバート・ベンケン(Robert Behnken)氏とダグラス・ハーリー(Douglas Hurley)氏を乗せたクルードラゴンは、米フロリダ州のケネディ宇宙センター(Kennedy Space Center)から午後4時33分(日本時間28日午前5時33分)に国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて打ち上げられる予定だったが、打ち上げは予定時刻の20分前に延期された。

 クルードラゴンの打ち上げは、民間企業による有人宇宙飛行としては史上初、米国内からの有人宇宙船の打ち上げとしては9年ぶりとなる。米国では2011年のスペースシャトル(Space Shuttle)計画終了以降、有人宇宙船の打ち上げが実施されていない。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件