Open Innovation Platform
FOLLOW US

米アマゾン、レジ不要のショッピングカート発表 年内に店舗へ

アマゾンのスマートカート「アマゾン・ダッシュカート」。アマゾン・ドットコム提供(2020年7月14日入手)。(c)AFP PHOTO / AMAZON

アマゾンのスマートカート「アマゾン・ダッシュカート」。アマゾン・ドットコム提供(2020年7月14日入手)。(c)AFP PHOTO / AMAZON

【AFP=時事】米小売り・IT大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)は14日、レジ不要のスマート・ショッピングカート「アマゾン・ダッシュカート(Amazon Dash Cart)」を発表した。米カリフォルニア州南カリフォルニア(Southern California)に、年内オープン予定の同社の食料品店に導入する計画。

 ダッシュカートは、小売業者や消費者が新型コロナウイルス感染のリスクを減らしつつビジネスを行おうと努力している中での発表となった。  アマゾンは自社のウェブサイトで「買い物が終わったら、アマゾン・ダッシュカートのレーンを通って店を出るだけ。レシートはメールで送られる」と説明している。

 各ダッシュカートにはセンサーとカメラが搭載されており、コンピュータービジョン・ソフトウエアとセンサーデータを使って、カートに入れられた商品を識別する。合計金額や商品の説明、価格は、カートに取り付けられた画面に表示されるという。

 ダッシュカートの利用には、アマゾンのアプリをスマートフォンにダウンロードする必要がある。アプリに表示されるQRコードを読み込ませ、購入代金を登録されたクレジットカードに請求する仕組み。

 アマゾンはワシントン州シアトル(Seattle)で、「ジャスト・ウオークアウト」と呼ばれるレジなし技術を使用した同社初の実店舗「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」を開店。現在、ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど20都市以上で同技術を使った小規模なアマゾン・ゴーを展開している。

 アマゾン・ゴーでは、事前に登録しておくとレジなしで買い物が可能。棚から取った商品や戻した商品を識別できる技術が使われており、代金はクレジットカードに請求される。【翻訳編集】 AFPBB News