Open Innovation Platform
FOLLOW US

極小四足歩行ロボットを大量作製 皮下注射で体内に注入可能 米研究

極小の四足歩行ロボットの3D画像。コーネル大学/クリストフ・ホフマン氏提供(2020年8月26日入手)。(c)AFP PHOTO /CORNELL UNIVERSITY/CHRISTOP HOHMANN

極小の四足歩行ロボットの3D画像。コーネル大学/クリストフ・ホフマン氏提供(2020年8月26日入手)。(c)AFP PHOTO /CORNELL UNIVERSITY/CHRISTOP HOHMANN

【AFP=時事】米国の研究者らが、皮下注射で体内に注入でき、レーザー光の刺激で動く、肉眼では見えないほど小型の四足歩行ロボットを大量に作製した。特に医療分野でさまざまな用途に利用できる可能性があるという。研究結果は26日、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。

 論文によると、極小ロボットの幅は人間の毛髪とほぼ同じ0.1ミリ以下、搭載された太陽光電池で4本足を動かす仕組み。ナノメートルサイズのプラチナ製の足は、レーザー光の刺激によって屈曲し、歩行動作を行う。

 1分間で平均、極小ロボット1体分の距離を移動できる。これは微生物の移動速度に等しいという。また、極小ロボットは強酸性や200ケルビン(氷点下73度)を超える温度の変化に耐性がある。

 論文の共著者で、ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)のマーク・ミスキン(Marc Miskin)氏はAFPに対し、シリコンエレクトロニクスを使ってアクチュエータである足を制御できることが、今回の研究の革新的な点だと述べた。

 同氏は「高機能な回路を作ることが次の段階だ。周囲の環境を感知し、反応するロボットは作れるだろうか。プログラム可能な極小機器はどうだろうか。人間の介入なしで動かせるだろうか」と語った。

 研究者らは同時に、4インチ(約10センチ)のシリコンウエハーの表面上に100万個以上の歩行ロボットも作製した。

 マサチューセッツ工科大学(MIT)のアラン・ブルックス(Allan Brooks)氏とマイケル・ストラーノ(Michael Strano)氏は、ネイチャー誌の論評で、「著者らのロボットは、現在の形状では自立していないが、『脳』とバッテリーを装着できるプラットフォームとみることができる」と述べている。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件