Open Innovation Platform
FOLLOW US

米グーグル、ニュース配信社との提携に1000億円投資へ

米グーグルのロゴ。ベルギー・ブリュッセルで(2020年2月14日撮影、資料写真)。(c)Kenzo TRIBOUILLARD / AFP

米グーグルのロゴ。ベルギー・ブリュッセルで(2020年2月14日撮影、資料写真)。(c)Kenzo TRIBOUILLARD / AFP

【AFP=時事】(更新)米グーグル(Google)のスンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)最高経営責任者(CEO)は1日、自社のニュースコンテンツ強化を目的としたアプリ「ショーケース(Showcase)」の開発のため、世界各国のニュース配信社との提携に10億ドル(約1000億円)を投資する計画を発表した。

 ピチャイCEOは今回の提携について、グーグル史上最高額になると強調した上で、「多様なオンラインニュース経験のため、配信各社が高品質なコンテンツを生み出しキュレーションを行っていくことに対価を支払うものだ」と説明した。

 グーグルは、同社の検索結果に記事や動画、その他のコンテンツを表示することへの対価の支払いに消極的な姿勢を示しており、ここ数年ニュース配信各社との不和が目立っている。

 さらに、欧州連合(EU)が新たに定めたデジタル著作権関連法の順守を同社が拒否していることをめぐり、現在もフランス通信(AFP)をはじめ、欧州のメディアグループ数社と対立している。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件