Open Innovation Platform
FOLLOW US

2020年ノーベル化学賞、仏米の女性研究者2氏に ゲノム編集技術研究

2020年のノーベル化学賞受賞が決まった、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ氏(左)と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ氏。スウェーデン・ストックホルムのカロリンスカ研究所で(2020年10月7日撮影)。(c)Henrik MONTGOMERY / various sources / AFP

2020年のノーベル化学賞受賞が決まった、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ氏(左)と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ氏。スウェーデン・ストックホルムのカロリンスカ研究所で(2020年10月7日撮影)。(c)Henrik MONTGOMERY / various sources / AFP

【AFP=時事】スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は7日、2020年のノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)を、ゲノム編集技術研究における功績で、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuelle Charpentier)氏と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ(Jennifer Doudna)氏に授与すると発表した。

 同アカデミーは、両氏による「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」と呼ばれる遺伝子の「はさみ」の開発を評価。

「これを用いることで、研究者らは動物や植物、微生物のDNAを極めて高精度で改変することができる」「この技術は生命科学分野に画期的な影響をもたらし、新たながん治療に貢献している。遺伝疾患を治すという夢を実現する可能性も秘めている」とたたえた。

 ノーベル化学賞を女性が受賞するのは、シャルパンティエとダウドナ両氏がわずか6人目と7人目。

 シャルパンティエ氏は一般的な有害細菌について研究していた際、未知の分子を発見。この分子は、古代に進化したこの菌の免疫機構の一部で、DNAの一部を切り取ることでウイルスの無力化につながることが分かった。

 2011年に研究結果を発表した同氏は、ダウドナ氏と共同研究を進め、この菌の遺伝子の「はさみ」を再現。その使用と他の遺伝物質への適用が容易になるよう、簡便化にも努めた。

 この技術は革新的ながん治療にもつながり、遺伝子操作を通じた遺伝疾患の治療への将来的な可能性への期待も、多くの専門家らの間で高まっている。  両氏は賞金1000万クローナ(約1億2000万円)を半分ずつ受け取ることになっている。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件