Open Innovation Platform
FOLLOW US

中国のコロナ対策アプリ「健康コード」を全国統一へ 「ワンコードアクセス」を推進

河北省石家荘市の地下鉄が運行再開した日に、改札で健康コードをスタッフに見せる乗客(2021年2月19日撮影、資料写真)。(c)CNS:翟羽佳

河北省石家荘市の地下鉄が運行再開した日に、改札で健康コードをスタッフに見せる乗客(2021年2月19日撮影、資料写真)。(c)CNS:翟羽佳

【CNS】健康コードの重要技術に関わっている国営企業・中国電子科技集団(CETC)は2月の春節(旧正月、Lunar New Year)連休期間に合わせ、省・自治区・直轄市をまたいで情報を共有できる「ワンコードアクセス」システムを開発した。国家政務サービスプラットフォームを通じて北京市や海南省(Hainan)など各地共有のデータベースを構築し、帰省のため地域をまたいで移動する市民の負担を解消している。

 健康コードは各地域がさまざまに運用しており、省・自治区・直轄市をまたいで移動した市民はそれまでの健康コードの情報が無効になり、新たに健康コードに個人情報を入力する必要がある。空港や駅ではこの手続きのため人だかりができ、感染を広めるリスクもある。

 こうした課題を解消するため、中国電科傘下の電科太極は健康コード情報の相互認識メカニズムを確立。各地のシステムの技術的なドッキングとデータ集約を実現し、地域を越えて健康情報を照会できる「ワンコードアクセス」の実用化を広めている。

 このシステムにより、それぞれの健康状態の確認、感染の疑い、濃厚接触、PCR検査と抗体検査受診の有無、14日以内の入国者などのデータ情報を共有できる。現在、浙江省(Zhejiang)や広東省(Guangdong)、山東省(Shandong)なども国家政務サービスプラットフォームを通じて「ワンコードアクセス」を実現している。

 中国電科は今後、クラウドコンピューティングやビッグデータなどの先端技術を活用し、全国的な感染予防と健康管理を技術的にサポートしていく方針だ。【翻訳編集】 CNS/AFPBB News|使用条件