Open Innovation Platform
FOLLOW US

NASAの火星ヘリ、早ければ19日に初飛行

米航空宇宙局(NASA)の火星ヘリ「インジェニュイティ」のソーラーパネル(2021年4月15日撮影)。(c)AFP PHOTO : NASA:JPL-Caltech:MSSS:ASU:HANDOUT

米航空宇宙局(NASA)の火星ヘリ「インジェニュイティ」のソーラーパネル(2021年4月15日撮影)。(c)AFP PHOTO : NASA:JPL-Caltech:MSSS:ASU:HANDOUT

【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)は17日、火星での超軽量小型ヘリコプター「インジェニュイティ(Ingenuity)」の初飛行を早ければ19日に行う可能性があると発表した。

 午前3時30分(日本時間同日午後4時30分)ごろ離陸して自律飛行し、その数時間後にデータが地球に届く見込み。初飛行は当初11日に予定されていたが、ローターの高速回転テスト中に技術的な問題がある可能性が浮上したため延期されていた。

 初飛行に成功すれば、地球以外の惑星における制御された動力飛行としては史上初となる。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件