Open Innovation Platform
FOLLOW US

トヨタ、米配車リフトの自動運転部門買収で合意 600億円

トヨタ自動車のロゴ。都内の正規販売店で(2020年8月6日撮影、資料写真)。(c)Kazuhiro NOGI : AFP

トヨタ自動車のロゴ。都内の正規販売店で(2020年8月6日撮影、資料写真)。(c)Kazuhiro NOGI : AFP

【AFP=時事】トヨタ自動車(Toyota Motor)は26日、子会社を通じ、米配車サービス大手リフト(Lyft)の自動運転部門を5億5000万ドル(約600億円)で買収することに合意したと発表した。

 トヨタの子会社で運転技術開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングス(Woven Planet Holdings)は、リフトの自動運転部門「レベル5(Level 5)」を買収し、約1200人規模の自動運転研究チームを日本、米国、英国で立ち上げる。

 ウーブン・プラネットは買収額の5億5000万ドルを現金で支払う。うち2億ドル(約216億6000万円)を前払いし、残りの3億5000万ドル(約379億円)は5年間にわたって支払う。

 リフトと同業の米ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)も昨年、新型コロナウイルス流行で苦戦する中、主要事業に注力するため自動運転車開発部門の売却を決めている。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件