Open Innovation Platform
FOLLOW US

原油採掘から風力発電へ 米テキサス州の牧場で進むエネルギー革命

米テキサス州エルドラド近郊の風力タービンと、使われなくなった採油ポンプ(2021年4月16日撮影)。(c)Sergio FLORES : AFP

米テキサス州エルドラド近郊の風力タービンと、使われなくなった採油ポンプ(2021年4月16日撮影)。(c)Sergio FLORES : AFP

【AFP=時事】米テキサス州の牧場主ボビー・ヘルマーズ(Bobby Helmers)さん(79)は、自身が所有する6基の巨大な風力発電のタービンのブレード(翼)が風を切る音に耳を傾けた。この広野にはかつて、採油ポンプが原油をくみ上げる音が響き渡っていた。

 1970~80年代にヒットしたテレビドラマ「ダラス(Dallas)」に登場する油田開発で財を成した大富豪のように、ヘルマーズさんは自分の土地に数十年間、油井を設置していた。しかし、原油が豊富なこのテキサス州でも、再生可能エネルギーはますます有望視されている。そうした中で、他の牧場主らと共に風力発電に乗り換えた。

 直径120メートルのタービンが、ヘルマーズさんの妻サンドラ(Sandra Helmers)さんの一家が3世代にわたり所有してきた牧場に導入されたのは3年前。タービンの静かさと新奇性にヘルマーズさんは今でも驚嘆している。

「ステットソン帽(つばの広いカウボーイハット)と馬は、キャップと小型トラックに取って代わられた」とヘルマーズさん。

 だが、牧場では今も畜牛を飼っている。大都市ダラス(Dallas)から南西約400キロのサンアンジェロ(San Angelo)で、ヘルマーズさん夫妻は従業員1人と125頭の肉牛を飼育している。だが現在、牧場の収益の半分は風力発電によるものだ。

 ヘルマーズさんの牧場から数キロ先の野原には、風力発電ファームの管理事務所があった。小さな建物の中で、ケビン・デフォー(Kevin DeFoor)さん(48)は10人前後のスタッフを率い、ヘルマーズさんの6基のタービンを含め、76基のタービンのメンテナンスを行っている。

「この地域が発展したのは、農業や牧場経営、石油のおかげ」だと元刑務所長のデフォーさんは言う。今は、この風力発電ファームを運営する仏エネルギー大手エンジー(ENGIE)の従業員として働いている。2007年に親族の中で初めて風力エネルギー産業に従事した。それ以来、この地域の風の安定性について、事あるごとに熱く語ってきた。

「うちのタービンが回っているのは、時間全体で見れば半分」とデフォーさん。米国の風力発電部門としては「素晴らしい実績」だと胸を張った。

■テキサス州は風力エネルギーで全米1位

 ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領の提唱するクリーンエネルギー革命は、テキサス州ではかなり進んでいる。化石燃料で知られる同州だが、2000年代初頭から再生エネルギーに多額の投資を行い、発電量に関して、全米で風力エネルギーでは1位、太陽光エネルギーでは2位になっている。

「一般的な見方に反して、テキサス州知事(で米大統領)だったジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)氏も、後任のリック・ペリー(Rick Perry)氏も、テキサスを石油だけに依存させたくないという考えを持っていた」と米サウスウエスタン大学(Southwestern University)のジョシュア・ロング(Joshua Long)准教授(環境問題研究)は指摘する。歴代の知事は「テキサスを、エネルギー源が多様な『エネルギー州』と見ていたから」だという。

 しかし、ヘルマーズさんが石油に見切りをつけて風力発電にシフトチェンジしたのは、環境への配慮が動機ではない。

■収益を考えて事業の転換を決断

 採油ポンプを設置したのは1990年代初頭。収益は年々縮小し、およそ30年を経て業者は運営を断念していった。

 再生エネルギー開発業者「インフィニティ・リニューアブルズ(Infinity Renewables)」による説明会が地域で行われたのは、渡りに船だった。風力発電で見込める対価について納得したヘルマーズさんは、事業の転換を決断した。  交渉開始から10年を経て、ヘルマーズさんの土地に1基目のタービンが設置された。すでに、エンジー社がインフィニティを買収し、技術も改善されていた。

 風力への投資は年々償却され、利益率も上がっている。「タービン(の発電量)は1.5メガワット時とされていたが、今では2.625メガワット時だ」とヘルマーズさん。現在の収益額は明かさなかったものの、原油からの収益は市場の変動で上下したのに対し、「風による電力生産は安定している」と話した。

 それでも数か月前には、風力発電に初めて失望させられる試練もあった。テキサス州が記録的な寒波に見舞われ、タービンの回転が10日間止まったからだった。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件