Open Innovation Platform
FOLLOW US

弱視支援ヘッドセット、息子のために夫婦で開発 スペイン

ビエル・グラスの弱視支援ヘッドセットを装着した人。スペイン・バルセロナで開催された通信業界の国際見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」にて(2021年6月30日撮影)。(c)Josep LAGO / AFP

ビエル・グラスの弱視支援ヘッドセットを装着した人。スペイン・バルセロナで開催された通信業界の国際見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」にて(2021年6月30日撮影)。(c)Josep LAGO / AFP

【AFP=時事】スペイン人のジャウマ・プッチ(Jaume Puig)さん(52)の息子ビエル君は、2歳になったころからよく転び、階段を上るのにも苦労するようになった。

 何人かの医師に診てもらった結果、弱視と診断された。弱視は全盲よりもはるかに一般的な症状で、日常生活に支障が出る。

 ビエル君の場合、問題があったのは視神経だが、網膜や脳などの視覚系の障害や、緑内障、黄斑変性などが原因の場合もある。

 弱視は眼鏡で矯正したり、手術で治したりすることはできない。拡大鏡は読書など特定の作業には役立つが、幼児の移動を支援できる技術はなかった。

 そこで2017年、電気技師のプッチさんと医師である妻のコンスタンサ・ルセロ(Constanza Lucero)さんは、弱視の人が自力で安全に移動できるためのデジタル機器の会社「ビエル・グラス(Biel Glasses)」を設立した。

 弱視支援のために存在するのは、「つえと盲導犬だけ。他には何もない。ニーズがあると思った」とプッチさんはAFPに語った。

 夫婦で開発したヘッドセットは、バルセロナ(Barcelona)で開催された世界最大級の通信業界の国際見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で展示された。

 ゲーム用ゴーグルと眼鏡を掛け合わせたようなヘッドセットは、現実の3D画像を作成し、その上にテキストやグラフィック、ビデオを重ねて表示することができる。

 障害物は人工知能(AI)を使って検知。行く手を遮るものに近づくと、画面上に大きな赤い円が表示される。道路標識などは拡大して見ることもでき、使用者のニーズに合わせてカスタマイズも可能だ。

「私たちはこうした技術を使って、息子自身の視覚を活用し、より自立できるようになると考えた」とプッチさん。「治すことはできないかもしれないが、助けることはできる」

 ヘッドセットの開発には約90万ユーロ(約1億2000万円)かかったが、そのうち自己資金は6万5000ユーロ(約860万円)で、残りは公的機関やクラウドファンディングで調達したという。

 すでに欧州連合(EU)で使用が承認され、今年末にはスペインとデンマークで販売が開始される予定だ。価格は4900ユーロ(約65万円)。

 プッチさんはこれまで、他にもいくつかのテクノロジー関連のスタートアップ企業を設立してきた。ヘッドセットには今後、音声起動機能やグーグルマップ(Google Map)と連動したナビゲーションシステムを追加したいという。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件