Open Innovation Platform
FOLLOW US

世界一の富豪が宇宙に ベゾス氏企業、初の有人飛行を実施

米テキサス州から打ち上げられた、民間宇宙開発企業ブルーオリジンの宇宙船「ニュー・シェパード」。同社提供の動画より(2021年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO : Blue Origin

米テキサス州から打ち上げられた、民間宇宙開発企業ブルーオリジンの宇宙船「ニュー・シェパード」。同社提供の動画より(2021年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO : Blue Origin

【AFP=時事】米民間宇宙開発企業ブルー・オリジン(Blue Origin)は20日、同社初となる有人宇宙飛行を実施した。同社の創業者で、世界一の富豪であるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏らを乗せた宇宙船は、数分間にわたり宇宙空間に滞在した後、テキサス州の砂漠に無事着陸した。

 同社の宇宙船「ニュー・シェパード(New Shepard)」は日本時間の20日午後10時12分、テキサス州の砂漠地帯にある発射場から打ち上げられ、高度10万7000メートルに到達。ベゾス氏を含む乗客4人は丸い地球を眺めながら、無重力状態を体験した。

 そのほかの乗客は、女性パイロットの先駆け的存在であるウォリー・ファンク(Wally Funk)さん(82)、べゾス氏の弟マーク(Mark Bezos)さん、オランダ人のオリバー・デーメン(Oliver Daemen)さん(18)。ファンクさんは史上最高齢、デーメンさんは最年少で宇宙飛行を行った人物となった。

 宇宙船は約10分の飛行を終え、テキサス州の砂漠に着陸。乗客4人は着陸地点で家族にハイファイブやハグで出迎えられた。

 今回の宇宙飛行では搭乗権の一つがオークションに掛けられ、2800万ドル(約31億円)で落札されたが、落札者はスケジュールの問題により今回は参加を見送った。代わりに、オークションで2番目に高い金額を提示した投資ファンド経営者が権利を得て、息子のデーメンさんを搭乗させた。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件

打ち上げ後19秒様子(ブルー・オリジン提供動画より編集部にてキャプチャ)