Open Innovation Platform
FOLLOW US

グーグル、欧州のAFPコンテンツに著作権使用料支払い 5年契約

仏パリのAFP本社で握手を交わすAFPのファブリス・フリース会長(右)とグーグルのセバスティアン・ミソフ副社長(2021年11月17日撮影)。(c)Thomas COEX : AFP

仏パリのAFP本社で握手を交わすAFPのファブリス・フリース会長(右)とグーグルのセバスティアン・ミソフ副社長(2021年11月17日撮影)。(c)Thomas COEX : AFP

【AFP=時事】フランス通信(AFP)と米IT大手グーグル(Google)は17日、欧州のAFPのコンテンツにグーグルが著作権使用料を支払う「先駆的な」5年契約を結んだと発表した。金額は非公開。

 欧州連合(EU)は2019年にデジタルコンテンツの著作権に関する新指令を出し、ウェブサイトや検索エンジン、ソーシャルメディアにニュースコンテンツを掲載する際に報道機関側に使用料を支払うよう義務付ける「著作隣接権」を規定した。これに基づく契約を結んだ通信社はAFPが初めて。

 AFPは1年半前から交渉を続けていた。 AFPのファブリス・フリース(Fabrice Fries)会長は契約について「AFPが使用するすべての言語で、EUの指令を施行していない国を含むEU全域を網羅するもの」として、「先駆的」で「長い闘いの成果」だと評価した。【翻訳編集】 AFPBB News|使用条件