Open Innovation Platform
FOLLOW US

5G商用サービスが日本でもスタート ソフトバンク3月27日から

SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会にて対応端末のラインナップ(2020年3月5日)

SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会にて対応端末のラインナップ(2020年3月5日)

SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会(2020年3月5日)
SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会(2020年3月5日)

 ソフトバンクは5日、次世代通信「5G」の商用サービス「SoftBank 5G」を、2020年3月27日に開始することを発表した。日本国内で、トライアルやプレサービスではない5G商用サービスの開始日程や料金の詳細などを明らかにしたのはソフトバンクが初めて。NTTドコモは2020年春に、KDDIは2020年3月にサービスを開始するとしてきたが、これまでのところ具体的な開始日程に関しては公表されていない。

 海外では、昨年2019年の春頃から米国や韓国、中国をはじめとして5Gのサービスが開始され、これまで英国、ドイツ、スイスなど欧州各国やサウジアラビア、南アフリカなどでもサービスが提供されている。こうしたことから2019年が「5G元年」であり「日本は出遅れ」との見方もあるが、先にサービスを開始した国々でも、多くの基地局を設置しなければならないことや、端末の種類が少なく高価であることなど5Gのエリアを広げ、普及率を上げる過程での課題も明らかになってきている。

 ソフトバンクは料金プランについては、4Gの料金プランに「5G基本料」として月額1000円(税別)を追加で支払うことで5Gが利用可能としており、さらに8月末までに加入した場合はこの5G基本料の1000円が2年間無料になる。対応端末については、発表によればシャープ、LG電子、OPPO、ZTEの4社から発売される。また、サービス開始時の5G利用エリアについては東京、大阪などの7都府県の一部地域。ソフトバンクが公表している5G対応エリア住所リストによると都内では霞が関、丸の内、日本橋といったあたりはリストにあるが渋谷、新宿といった場所で利用できるのは夏以降になるようだ。また、地方都市では成田市(空港ではなく成田駅周辺)や石川県白山市、野々市市や広島県福山市などがリストに上がっている。

編集部 Written by
現在、世界各地で起こっているイノベーションを発信し、現場の声をお届けします。