Open Innovation Platform
FOLLOW US

リアルな街では制約が続く中、「バーチャル渋谷」が「原宿」へ拡張

「神宮前交差点エリア」を中心とした空間を再現(リリースより)

「神宮前交差点エリア」を中心とした空間を再現(リリースより)

 KDDI株式会社、 一般社団法人渋谷未来デザイン、 一般財団法人渋谷区観光協会の3社が運営する渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは、2020年5月に開設した国内初の渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」に続く第二弾として、新エリアの「原宿」を5月25日(火)よりオープンする。新エリアは、ラフォーレ原宿と東急プラザ表参道が向かい合う「神宮前交差点エリア」を中心とした空間をバーチャル空間内で再現する。

 新エリアの提供開始を記念し、 2021年5月25日(火)から5月31日(月)の間 「バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021」が開催される。 このイベントでは、トークショーや期間限定でスニーカーショップの「atmos」のバーチャル店舗などが出店される。また、 バーチャル原宿スペシャルサポーターとして、 デビュー10周年を迎えるきゃりーぱみゅぱみゅが就任することも発表された。

 都内では新型コロナ感染拡大で、外出制限や大型イベント中止が続いている。その中で、昨年の10月にバーチャル渋谷で開催されたハロウィンのイベントには、期間中に約40万人以上の利用者があったという。長谷部健渋谷区長も「まだまだ、 厳しい状況が続きますが渋谷区としてはこのような挑戦をし続けたいと考えています。」とのコメントを寄せており、リアルでは制約があるエンタメ活動、カルチャーの発信を、せめてバーチャル空間で活性化させたいとの意欲が感じられる。

 新エリアの原宿もバーチャル渋谷と同じく、クラスター株式会社バーチャルSNS「cluster」上にあり、clusterの無料アカウント作成と、 clusterアプリのインストールをすればVRデバイス、 スマートフォン、 PCから参加できる。

編集部 Written by
現在、世界各地で起こっているイノベーションを発信し、現場の声をお届けします。