Open Innovation Platform
FOLLOW US

【JOI ITO’S PODCAST ―変革への道― Vol.34 】日本がweb3立国になるための成長戦略とは?

講演を行うジェイソン・マー氏

講演を行うジェイソン・マー氏

 マサチューセッツ工科大学のメディアラボ元所長で、株式会社デジタル・ガレージの共同創業者でもある伊藤穰一がナビゲーターを努めるポッドキャスト「JOI ITO’S PODCAST  ―変革への道― 」。今回は、6月14日に渋谷で開催されたカンファレンスイベント「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2022」で特に話題となったパネルディスカッションを取り上げた。

* * *

 今回のカンファレンスは、web3をテーマに行われた。暗号資産の暴落によって、冬の時代が突入したと言われるweb3だが、そんな中でも熱い議論が交わされた。

 中でも会場が一気に熱気を帯びたのが、「web3立国になるための日本の成長戦略」をテーマに語られたパネルディスカッションだった。

 アジアの連携を掲げて、音楽やアートそしてweb3の分野で活躍するジェイソン・マー氏(OP3N 共同創業者)は力説する。「OpenSeaの人気NFTコレクションのほとんどがアニメの影響を受けています。世界中の人々が日本独自のクリエイティビティが全て解放されるのを待ちわびているのです。しかし、日本はこの数十年、自分たちのクリエイティビティを自ら閉鎖していたように感じます」

 Azukiなどの人気NFTコレクションはもちろん、日本のアニメからインスパイアされたNFT作品は数多く存在する。しかし、日本発のNFTコレクションはまだ少数派だ。マー氏は続ける「文字通り日本の誰もがアイデアやIPをリリースして、世界中の人々を巻き込むことができるのです。ブロックチェーンやweb3は、今まで閉ざされていた日本のクリエイティビティを解放して、日本に新しいイノベーションの波を起こす可能性を持っています。今は、その鍵が開かれるのを待っている状態だと思います。」

 また、リモートワークが盛んになった現在、日本に住んでプロジェクトを進めたいという人々が増えているという。

伊藤穰一(以下、伊藤):ジェイソンさんはこれまで何度も来日していますし、日本で事業を進められた経験もありますよね。日本に拠点を移そうと考えたことはありますか?

ジェイソン・マー(以下、マー):台湾の就業ゴールド・ビザのような起業家のための長期滞在型ビザプログラムが日本にもあればいいなと思っています。もし設立されたら、私がいの一番に申し込みますよ。

そしてマー氏は付け加えた。

マー:東京はテクノロジーや金融・人材・情報リソースすべて揃っているので、世界から人を誘致するのは簡単だと思います。足りないのはビザプログラムなのです。それさえあれば、日本で多くの人々が働くことができるのです。私は15年前から日本を知っていますが、今の東京はweb3への期待で活況を帯びていると思います。これほどのエネルギーは、これまで感じたことがなく、私自身もとても期待しています。

 さらに番組では、日本の今後の戦略について初代デジタル大臣の平井卓也氏や、渋谷区長の長谷部健氏によるパネルディスカッションの模様もお届けした。詳しくは番組をお聴きいただきたい。

【JOI ITO 変革への道 – Opinion Box】

 番組では、リスナーからのお便りを募集しています。番組に対する意見だけではなく、伊藤穰一への質問なども受け付けます。特に番組に貢献したリスナーには番組オリジナルのNFT会員証をプレゼントします。

https://airtable.com/shrKKky5KwIGBoEP0

【編集ノート】

伊藤穰一からのメッセージや、スタッフによる制作レポート、そして番組に登場した難解な単語などはこちら。

https://joi.ito.com/jp/archives/2022/06/20/005799.html

JOI ITO’S PODCAST ―変革への道―
JOI ITO’S PODCAST ―変革への道―

■「JOI ITO’S PODCAST ―変革への道―」

#34 日本がweb3立国になるための成長戦略とは?

https://joi.ito.com/links/

Written by
現在、世界各地で起こっているイノベーションを発信し、現場の声をお届けします。