Open Innovation Platform
FOLLOW US

AIが作った俳句を見分けられますか? 俳句対決・人類対AIの勝負の行方は

7月にあった「AIのMIRAI、俳句の未来ー俳句対局@in北海道大学ー」

7月にあった「AIのMIRAI、俳句の未来ー俳句対局@in北海道大学ー」

 人間と人工知能(AI)が俳句を詠み合い、その出来栄えを競うイベントが7月13日、北海道大学で行われた。このイベントは「AIのMIRAI、俳句の未来―俳句対局@in北海道大学―」と名付けられ、SAPPORO AI LABなどが主催した。2月にNHK総合の番組「超絶 凄ワザ!」で人類vs AI 対決のひとつとして俳句対決が行われ人類が勝利を収めたが、今回のイベントはその続編。

北海道大学大学院の川村秀憲教授

北海道大学大学院の川村秀憲教授

 将棋や囲碁といった論理演算、画層認識などの分野では人間を圧倒しているAIも、感性や創造性の分野ではまだまだ発展途上。俳句AIを開発する北海道大学大学院情報科学研究科の川村秀憲教授は、その理由を「人の気持ち、ココロを理解するというAIが未着手の課題への挑戦。人類がどんな原理で知能を獲得してきたのか、人間そのものを研究することにもつながる」という。さて、俳句をめぐる人類チームとAIの戦い、勝負の行方は―。

■人間の句、AIの句

 川村教授らは昨年から、俳句AI「一茶くん」を開発。小林一茶や高浜虚子などの12万句を深層学習(ディープラーニング)によって学習させている。

 以下は、イベントで詠まれた10の句。どれが人間、AIが詠んだのか区別できるだろうか。

  1. 金葎(かなむぐら) 屍の跡へ 置く小花
  2. 花蜜柑 剥く子の道の 地平まで
  3. 馬蛤貝(まてがい)の 波につまづき 潮に巻く
  4. 撒くといふ 言葉正して 花見ゆる
  5. 許しがたい 臭いを 放屁虫
  6. 無人とは 毛深きなりし 狸かな
  7. 仮名の裏 がえりをそむ子人ら 梅雨晴間
  8. 山肌に 梟のこげ 透きとほる
  9. ホルン吹く 放課後の 大夕焼けかな
  10. かなしみの 片手ひらいて 渡り鳥
「一茶くん」のオペレーション。川村研の学生が操作に追われる

「一茶くん」のオペレーション。川村研の学生が操作に追われる

 対決は俳句の聖地・愛媛県松山市から集まった俳人5人の「人類チーム」と「一茶くん」による「しりとり俳句」。句の最後の2文字を次の句の最初に使うルール(時間制限、しりとりできない場合の減点などあり。詳細は 北海道大学調和系工学研究室のサイト)で、互いに5句ずつ計10句を詠み、それぞれの出来栄えを4人の審査員が評価、総合点を競った。

 「一茶くん」は開発当初、風景や花鳥風月の写真から句を詠む学習をした。今回のしりとり俳句に合わせて、1秒間に約40句、自動生成する句から、相手のおしり2文字を入力すると、それに対応した句を評価値順に表示するシステムを新たに開発。その中から研究グループが良いと思われる句を選んだ。

 対決は、正岡子規の「瓜くれて 瓜盗まれし 話かな」からスタート。先手は人類、後手「一茶くん」で対戦が行われた。

 ※冒頭の句の奇数は人間、偶数はAIが、それぞれ詠んだ句。

■AIが揺さぶる先にある新たなステージ

感想戦の様子。AI一茶くんの進化に驚く声も

感想戦の様子。AI一茶くんの進化に驚く声も

 7番目の人類チーム「仮名の裏 がえりをそむ子人ら 梅雨晴間」から、8番目のAIは「山肌に 梟のこげ 透きとほる」。AIはしりとりができずギブアップして減点1.0に。10句まで詠み合い、人類チームが時間制限にひっかかって0.5の減点。総合点は人類34.50、AI31.75で人類の勝利となった。

 ただ、10句の中では、AIの「かなしみの 片手ひらいて 渡り鳥」が最高点を獲得、一矢を報いた。

 AIや俳句の研究者らによる感想戦では「AIの句は開発当初に比べ、ひらがなが多くなかった印象。(10番の句の)『かなしみ』『ひらいて』など、意図はないはずだが、ぱっと見ると『おおっ』と思わされる」「季語との距離感が開発当初よりはるかに良くなっている」「全体的に どれがAIの句か分からない」「人間を楽しませるという意味で一茶くんは100点満点。コンピュータがつくった俳句が人を楽しませた」といった声が出た。

大塚凱さん。「AI俳句の先に人間の表現の新しいステージがある」

大塚凱さん。「AI俳句の先に人間の表現の新しいステージがある」

 俳句甲子園 2013年、2017年学生俳句チャンピオンで「群青」同人の大塚凱(東京大学)さんは、AI俳句について「(当初より)言葉がこなれ、違和感がなくなっている。新しい句として受け入れたい」と評価する。その上で「言葉が人間のものではなくなる、言葉を操る人間の存在に疑いが生じる恐れがあって、AIに否定的な人もいる。しかし、そういう揺さぶりがあるからこそ、その先に人間の表現の新しいステージがある。そういうモチベーションでAIと付き合いたい」という。

■機械が感性・創造性を持つ可能性

公立はこだて未来大学の松原仁教授。「感性も創造性もコンピュータが持てない理由はない」

公立はこだて未来大学の松原仁教授。「感性も創造性もコンピュータが持てない理由はない」

 人類とAIの対決に先立ち、イベントでは俳句やAIの専門家らが講演した。日本のAI研究の第一人者、公立はこだて未来大の松原仁教授は「知能は理性と感性に大別される。将棋や囲碁は理性の代表で、AIで扱えるようになってきた。創造性、感性を扱うことが、これからのAI研究で重要になってくる。感性も創造性も人類の進化の過程で獲得された合理的な能力。とても難しいかもしれないが、コンピュータが持てない理由はない」と述べた。

 チェスのIBMディープ・ブルー対ガルリ・カスパロフ以来、将棋の電王戦、囲碁の電聖戦など人類と機械が対決するイベントは、AIの進化を図る科学実験として、またエンターテインメントとして関心を集めてきた。俳句をテーマにしたAI研究と人間との対決は、感性・芸術分野での人間との競争、共生の第一歩になるのかもしれない。

参考

・「北海道大学が俳句AIを開発する理由 一人称視点とマルチモーダルな情報処理」(DG Lab Haus )

SAPPORO AI LAB「AI の MIRAI、俳句の未来 – 俳句対局 in 北海道大学 – 」開催のお知らせ

調和系工学研究室 – 北海道大学大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 複合情報工学講座

 

田中 徹 Written by
北海道新聞で記者を経て現在、東京支社メディア委員。デジタル分野のリサーチ、企画などを担当。共著書・編著に「頭脳対決!棋士vs.コンピュータ」(新潮文庫)、「AIの世紀 カンブリア爆発 ―人間と人工知能の進化と共生」(さくら舎)など。@TTets