Open Innovation Platform
FOLLOW US

ホンダが世界初「自動運転レベル3」の市販車を販売開始

LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite(リリースより)

LEGEND Hybrid EX・Honda SENSING Elite(リリースより)

 本田技研工業(ホンダ)は、世界で初めて「レベル3」に適合した自動運転装置を搭載した新型「LEGEND(レジェンド)」を、3月5日に発売した。

ハンズオフ機能が作動するとハンドルの表示灯がブルー に(リリースより)
ハンズオフ機能が作動するとハンドルの表示灯がブルー に(リリースより)

「Honda SENSING Elite」を搭載したこの新型車は、高速道路や自動車専用道での渋滞時など、時速30キロ以下で走行している時には、主にシステムが運転操作を行う。ドライバーはハンドルから手を離す事ができ、カーナビの操作や動画の視聴なども運転操作から離れることが可能となる。

 ただし、システムから手動での運転操作の要求があった場合には、すぐに操作に戻る必要がある。ドライバーが要求に応じない場合は、警告音やシートベルトの振動などで運転復帰を促され、それでもドライバーが要求に応じなかった場合はハザードランプとホーンで周辺車両への注意喚起を行いながら、路肩への移動支援や、減速・停車の措置をとる。

 自動運転のレベルは5段階に別れているが、市販車でレベル3の技術を搭載したのは世界初となる。ホンダは市販車にレベル3の自動運転技術を搭載するにあたって、テスト車両を用い、高速道路などを約130万km走行する実証実験を重ねてきた。

 計画では販売は100台の台数限定となり、リースでの販売となる。価格は税込み1,100万円。

新型LEGEND(リリースより)
新型LEGEND(リリースより)
編集部 Written by
現在、世界各地で起こっているイノベーションを発信し、現場の声をお届けします。