Open Innovation Platform
FOLLOW US

日野自動車 超低床の小型EVトラックを2022年夏市場へ キャブシャシ型も供給

日野デュトロ Z EV 外観(同社リリースより)

日野デュトロ Z EV 外観(同社リリースより)

 日野自動車は4月15日、宅配業などの物流向けの小型EVトラック「日野デュトロZ EV」を2022年の初夏に市場に投入することを公表した。

 同社の下義生社長は、「日野初の本格EVである日野デュトロ Z EVは、これからの物流のラストワンマイルに、自信を持ってご提案する”使えるEVトラック”です。宅配物流に焦点を当て、お客様の貴重なご意見を伺いながら完成させました。その答えが、使い勝手を追求した”超低床ウォークスルーEVバン”という形です。」とコメントを発表している。

 労働力が不足する中で、eコマースの拡大による宅配業務は増加の一途。それに伴い労働負荷はますます重くなっている。特に2トントラックでの配送業務は過酷な作業で、約80センチの荷台への上り下りは1日80回以上にもなるという。

システムレイアウト(同社リリースより)
システムレイアウト(同社リリースより)

「日野デュトロZ EV」は、環境への負荷を和らげることに加え、物流のラストワンマイルを担う人たちの、作業負荷も軽減することを目指している。具体的には前輪駆動を採用し、駆動用のモーターなど電動ユニットとドライブトレーンを前部座席下に配置することで超低床を実現している。荷台床下にはフレームの内側にバッテリーが搭載されているだけなので、床の高さは地上から約40センチと従来のトラックの半分ほどであるため、乗り降りは格段に楽になる。また、運転席から直接荷室に出入りできるウォークスルー構造を採用しているため、これも従来のトラックのように運転席から降りて、車を回り込み、荷室に飛び乗る必要がなくなり安全性も高まる。

ウォークスルー構造(同社リリースより)
車内移動が可能(同社リリースより)

 サイズは、現行の同社トラック「デュトロ」より小柄なサイズで、全長4.7×幅1.7×高さ2.3 メートルとなっており、住宅街での取り回しも楽そうだ。バッテリー容量は40kwh。航続距離は100キロ程度となる予定だという。

 日野自動車ではウォークスルーバンタイプに加えて、キャブシャシ型も設定し、用途あわせた荷台の架装を選ぶことができる。

編集部 Written by
現在、世界各地で起こっているイノベーションを発信し、現場の声をお届けします。